1ページの情報量って大事?

最近1ページの情報量って大事なのかな~?と思っていたのですが、みなさんどう思われますか?やっぱり長いと若干読みづらく、というか読むのがめんどくさくて、見てくれた人がすぐに出ていってしまうように思えたりしますよね。私もそう思っていたので、今まではシンプルにしていました。

ただ、ある程度のボリュームを確保すると色々なキーワードで拾えるようになるんじゃないかとも思いますよね。いわゆるロングテールというやつですが、これを実験したくて1ページが長いサイトを作ってみました。作ってみたサイトは

http://xn--eckp2gt04l4toul9a87bq4m.com/
不眠症対策ガイド 不眠症の原因・対策・改善方法

というサイトです。いわゆる不眠症対策についてのサイトで、原因とか対策、不眠症対策グッズなんかを紹介しているサイトです。見ての通り、トップページがくそ長いデザインになっています。

別に上位にいるわけでもないのですが、このサイトのアクセス解析を見てみると、「不眠症~」っていうキーワードで非常に多くの訪問者があります。かなり色々なキーワードで拾えてるんですよね。

これだけ文章が詰まっているとまあそうなるかなとも思ってはいましたが、「拾える」ということは間違いないのかなと思います。ただそれとアフィリエイトで売れるか?っていうのは別の話で、実際1つも売れません(笑)

なんとか売りたいなと思うんですが、文章が多すぎて、トップページの構成的にあんまり売れるように作れないってのがあります。不眠症について全部詰め込んじゃってるんで訴求ポイントが絞れませんよね。ここがいまいちなのかなと。

まあいってもまだサイトの歴史も浅く、30ページぐらいしかないので、個々のページでの集客が弱いというのもあるかもしれませんが、なかなか難しいように思います。不眠系のワードで上位に出てきたらまた変わってくるのかもしれません。ただ、アクセスは稼げるのかなと。アドセンスなんかならいけそうですね。

2012年3月15日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:アフィリエイト ブログ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ